スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017/2/14 長崎南部地磯

今回は長崎市南部の野母崎方面へヒラスズキを探しに。

20170214160233940.jpg

オオタテガミまでのお散歩。

山を下るパターンが近いけども車上荒らしが多いみたいなので人目に付く漁港へ駐車。

磯もいい感じにサラシております。











今日は出てきてくれるかしら?


夜が明け、薄っすらと明るくなりかけの時、奴はやってきました。

足場の高い磯からサラシ地帯をバイブレーションでデッドスローに引いて来るとズンっと、、、


ジッジッジーーーーーーー‼︎

合わせ入れる間も無く。

こっちもどうにかこうにか浮かそうとドラグを締めましゴリ巻き。

しかーし頭をイヤイヤと言わんばかりに振りまくりさらに走りちらかす赤い方。

ロッドに伝わるラインが擦れる感覚、、、。

スッ、、、と抜けるテンション。



バレた( ´Д`)y━・~~

もぅガックシ。

その後は、いつもの様に以上無し。


野母崎を後に帰路の途中、何やら窓の外が騒がしい。

トンビとカモメの鳥山発見‼️
すぐさまその磯へ。



よっしゃ祭りや。

なんかに追われて打ち上げらるカタクチ。

すぐさま準備し射程距離内へアダージョ砲発射!

しかし、なーんも当たりません。

ナゼ?

まさにマッチザベイトとはこの事じゃないのかい?

諦めきれずサイズを落としバイブレーションに変え上から下まで探っているとリフト中に中層で何かがヒット❗️

おぉキタキタ。

と、喜んだのもつかの間フックアウト、、。

あぁまたバラし病が再発しそうです。
スポンサーサイト

2017/2/6 崎戸大島

久々のブログ更新。

あっという間に1年近く過ぎ、放ったらかしもいいところ、また、ボチボチと始めたいと思います。

前書きはこれぐらいにして今回は西彼半島の北に位置する崎戸大島へ。

朝から子供らを保育園に送り届け、少し遅めの出発。

今日は北西の風がしこたま吹いていて窓の外に広がる外海方面の沖の海は白波で白じろ。

しかし、下げ潮で水深も無いせいか岸はさほどサラシもなくいかんせん期待はずれ。

それでも満ちて来ればまあゲーム成立するでしょっと1時間半ほどで御床島に到着。

本当は島に渡りたかったのだけど上げに変わった時点で100%帰れなくなるのは目に見えていたのでしゃんなくホテル下まで磯歩き。

サラシも薄く潮も動かず厳しい状況

でも沖の100m程先には海鳥が数羽ダイブしてる。

暫く様子見ようと向かい風にアダージョぶん投げ探ってると、何かがヒット!!
20170207215616f44.jpg



ボラ。
30ちょい

引きだけ楽しめました。

んでもって今度は表層でまた何かがヒット‼︎

しかも、さっきよかかなり引く。



また、ボラ。
アダージョ105が小さく見える。
推定60越え。

それからはボラさえかからず次のポイントへ移動。

崎戸大島の北部の磯へ移動し。

ここはシャローにスポットが点在し魚のつきやすそうな磯絡みの場所。

いい感じでサラシも広がり期待できそう。

ただ、この場所アダージョ使えません、潜るの使えません。
この強風の中狙ったポイントへ投げ込むのがもぅ大変。

浮力の強いトゥルーランドに交換して数投目にようやく狙ったポイントへ投げ込み、サラシの中のスポットにルアーを通せた直後ゴンッと心地よいアタリ大事に大事に寄せて、、、。

ん?なんかヒラスズキにしては短い。




ヌーチー様。

まぁ狙ったポイントで魚が出るのは嬉しいけど本命は何処へ?

制限時間まで頑張って投げ続けるもこの後は何も起きず終了。

今日イチ引いたのはボラって言うのは内緒(*´∇`*)

2016/4/21 生月島

今日は昼前から大荒れの予報なので、安全を考慮して朝一の短期勝負。

am3時に自宅を出てam5時半頃到着。

雨は降っているが風は思いのほか穏やか。
{前回の釣行で今朝の風向きでは釣行可能な事は実証済みではあるが}



ありゃあまりに凪。

少し歩いてサラシの出来てるであろうポイントへ。



ここらに釣り座を構えいざ開始。

一投目は何かと相性の良いハードコアミノーPW S
さっそく、ヒラスズキのチェイス。

目の前で反転して行ってしまわれたが数投後にヒット‼︎

50手前のサイズながらすこぶる引いてくれました。

続いてはヒラメミノー2S
〔サイレントアサシンに熱砂って書いてあるだけと思ってたわたし。〕
こちらもよく泳ぎよく飛び相性の良いルアー。

またまた、数投目でヒット。




瀬と瀬の間をサラシの流れに任せて泳がせていた時にガツンと。

先ほどより少しサイズアップ。

と、ここまではいい感じに。


サクサクっと短時間でいいペース。

で、またサラシの中で泳がせて〜〜〜

ガツンとヒット‼︎

オォーー今日一引くやんなんてやり取りをしてると

何とも今まで味わったことの無い違和感。




あれ⁉︎

なんか変。

3番フックから無い。

魚も無い。

ハードコアミノーと違ってヒラメミノー2〔3からは貫通らしい〕、貫通でも無いし、ボディが薄いのは知ってるけどまさか砕けるとは、、、。
きっと、長年使って来たのでクラックでも入っていたのでしょうが。

フックも純正弱いから変えてたのに本体いったらどーもならんです。

気をとりなおして、始めるもののさっきの奴みたいに引くやくは現れず。

何かも解らず。
悶々としますが
予報よか、早く荒れて来たので早めに上がり帰路につきました。







2016/4/7 生月

am2:30いつもよりも早く起床。

久々に休みと嫁さんの仕事と天候が合い、丸一日釣り休暇を取れる事に。

天候は少し、、、、荒れそうだが、次にいつ来るかわからない吉日を逃す訳には行かず。

目良氏と合流し生月に向け出発。

道中、平戸大橋と生月大橋を通行時の爆風には少々不安も感じたが、行ってみないと分からんって事で多少無理強いをしながらまずは夜明け前にオオバエへ。

駐車場はまぁ爆風&大雨

でも、灯台下は以外に波も少なく出来そうな雰囲気。

結果、目良氏のワンバイトのみ。

満潮になり、下げを狙うため近くの風裏の漁港で昼までイカ釣りして時間を潰す事に。

ここで、私。

マグロかけました。

キハダです。

ゆうにメーター超え

もちろんイカを釣ってましたから、エギングロッドに3号餌木。

PE0.8に20lbのリーダー

サクッとかわいいアオリを釣った後の出来事でした。

目の前をもわんっと海面がもじったんです。

ん?何かなと海面を見つめていると、そいつは悠々と目の前を横切って行きました。

マグロやん‼️

キハダマグロ‼️

初めは自分の目を疑いましたが、何を思ったか餌木を早まきしている自分がいて、、、。

そんでもって、食いましたよガッツリ‼︎
餌木を。

そりゃもう綺麗なバイトシーンでした。

で、そこから終わりの見えた勝負ですよ。

目良氏が言うには20分ほどでしたか。

やりあいましたよ。

エギ竿で。

ハナっから取り込むことなんざ諦めてましたが、定置網から抜けたか知らずかマグロの右側には何やら大きな傷があったおかげで。

まぁ弱って無ければ瞬殺でいなされてたでしょうが。

とはいえ、相手はマグロ

時折見せるダッシュにドラグは鳴り、それで止まれば巻きの繰り返し。

目良氏にはもしもの時のためにタモを用意してもらいテトラポットの上を右に左に大忙し。

と、少し長めに走られた瞬間、、、ふっとテンションの抜けるロッド。

やっぱりねと思いながらも足は震えてました。

そのあともよほど弱ってたんでしょう、しばらくは海面近くを悠々と泳ぎ。大海に消えて行きました。

後ろ髪を引かれながらも、下げのタイミングになったので本命のポイントへ。

結果は2人でキャッチは5匹。

バラシは多数。

サイズは40〜60ってとこでした。

体高もありいい引きを楽しませてもらい、良い休日を過ごせました。



追記

2人してわちゃわちゃしてる時に1枚だけ目良氏に撮ってもらった画像。



根元からブン曲がってた!(◎_◎;)

2016/4/5 新漁港界隈

夜な夜な、イカを探しに。



まずは、3号餌木と同じサイズのイカちゃん。



続いて目つきの悪い方。



そんでもってイカみたいなタコ。

足は8本、頭の両サイドにオシャレなヒラヒラをつけたなんとも気持ちの悪い方。

本命は釣れず、潮止まりと同時に終了。
プロフィール

Kyousuke

Author:Kyousuke
長崎県在住で主にショアからのルアーフィッシングをメインで釣行してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
かうんたー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。