2017/11/17 加津佐

今回は珍しく船、オフショアってやつです。

ぶっちゃけ船は嫌いです、磯からがカッコいいとか、船は魚さんの上に落とすから釣れるだろう的な気持ちは多少ありますが、1番はなんせ船酔い。

若かりし頃、徹夜、二日酔いで乗ってそりゃあもう悲惨な目にあってからは若干トラウマで。

まぁ今回はちゃんと寝たし、凪だし、タックルの性能も確認したいのと、船いこ船いこいうあの方からの誘いもあってようやく重い腰があがったわけで。

んで、行って来ました加津佐に。

まずサビキでチャチャっと餌の鯵を仕入れて


絡まして〜

20、30ほどイケスにポーンしてポイントへ。

漁場は島原と天草の瀬戸になっている、激流ポイント。
もう、海がなんかすっごい流れ。
川?ってぐらい。

そこに、キャタリナ 4500番にマンビカV2pe4号、リーダー80lbに落とし込み用の仕掛けに100号、(100グラムじゃないよ)なんか習字で使う文鎮みたいなやつ付けて海底へ。

約70mの海底に沈めて、一気に水深30mまで駆け上がる海溝をながします。

すると〜潮が激しく流れ出した頃から船上では3人中、一回流すごとにほぼ全員安打。

しかし、かけても取り込めず何尾逃したか。
あと、根かがりで重りは取られ。

多分これがアベレージ(80オーバー)メーターオーバーは必ずいそう。

わたすも

こんなんが、潮が効く地合いはずーっとかかる。

結果3人で16匹



わたす、三匹とアラ
いつもの方も仲良く三匹とアラ

船頭さん10匹

いや、やっぱり釣りは楽しいです。

ちなみに私のタックルインプレ少々。
実際、ショアから過去にかけた魚ではマンビカの性能100%引き出せてはいないことがよく分かりました。

バットの前まではかなり曲がりますがバットからの耐えはかなり強く、曲げていなして、反発力で寄せると言ったとこでしょうか。小物じゃ曲がりもしませんが。

エンドが長い分ヘソに当ててリフトするにも、テコの原理で楽でした。

ただ、小柄な人にはヒジが伸びてしまうのであのエンドグリップの長さは辛いかもしれません。

あと、値段ですね。
MAX140gキャストとドラグMAX13k、そしてしれっとオーシャンガイドの逆付け。
このスペックで2万台はコスパたかいです。

まぁあくまで個人の感想ですが。
スポンサーサイト

2017/11/9  伊王島

前回のエギングで不慮の事故により入院してたロッドが帰ってきたので退院祝いと青物情報が入ったので久しぶりに伊王島へ。

ちなみに不慮事故とは、イカを釣って写真におさめた後の事、クーラーボックスを取りに車に戻ったところ後ろのほうで
ががががががーーーーーーーっと何かが擦れるような音が深夜の漁港に響き渡る

ん?

なんだ?

気にもせずクーラーを取りにいって戻ると....。

竿が無い…

イカもない…

しばし、その状況が飲み込めず立ちすくむ。

そいえばさっきまでいた猫がいない

そして、ようやく事の状況を理解し竿のあった所にイカの引きずられた後を見つけ後を追う

20mほど歩いた後に無残な姿で放置されたマイロッド

ガイドは下を向き、穂先は折れ、リールはすり傷だらけ、イカもエギもなし

悲しさよりも怒りの感情が溢れ出て必死であの野良猫を探すも、この殺気全開の状態ではどこかに身を潜め出てくる気配は無い。

とここまでが不慮の事故。

皆さんも神の島のマリア観音先の漁港でする際はお気をつけ下さい
ちなみに三毛猫です。

話しは戻り今回の釣行へ。

釣り仲間が前日青物のナブラがあり青物バラしているので、代わりに成敗のつもりが

着いて早々見えイカの群れ

さっさとエギングにチェンジして
20171109152606c00.jpeg

新子1
20171109152618255.jpeg

少しサイズアップして新子2
20171109152629abb.jpeg

またまた、サイズアップして新子3
度々場を休めながら計4杯
201711091526412da.jpeg

可愛いサイズですが、計4杯

まだまだ、釣れそうでしたが、急遽予定が入ったので帰路へ。

2017/10/26 長崎県南部地磯

2日続けて南部地磯へ。

前日の反省を踏まえ日の出からスタンバイ。

今日は昨日と打って変わって、太陽が昇り海面から離れるまでなぜか太刀魚のテンションが半端ない。

ここ、磯なんですけど?
ワンキャスト、ツーバイトの勢い( ̄▽ ̄)

君たちはお呼びじゃないのに。

仲間と2人で釣っちゃほたり。釣っちゃほたりしよったら日が射して来た頃には残2匹

ほんの10分、15分で何バイトあったことか、、、。

明るくなるとピタリとアタリもなくなりゴールデンタイムは終了。

それからはトップに1度スズキは出たもののお決まりのミス。

今日はナブラも何も起きずダメ元でジグにシフト

60gのジグをぶん投げてナイスサイズ(45ちょい)なヒラメを追加して朝練終了。




帰りに川原大池で仲間と2人でジギングタックルでブラックバスと戯れ終了。

2017/10/25 長崎県南部地磯

久々にブログを更新。
am4時40分出発

本日はこの時期に青物が固い南部の地磯へ。

暗いうちに山を降り日の出前に磯側に。

夜が紫色に染まり始める頃からキャスト開始。

1投目から魚のアプローチ
TDペンシルのドッグウォークにボシュっと。

見事に早合わせで、安定の1バラシ
次はちゃんと魚の重さを感じてからバシュッと合わせて本日第1号

それからもー磯マル祭り。

写真に収める時間がもったいないので、とりあえず数を稼ぐ。

日が昇り始めてからはトップに出なくなりミノーへチェンジ。

こちらも1投目からコツンと鼻先で突っついたようなアタリ。
活性はまだまだ高そう。

数投後にずしっとしたアタリ。
まぁまぁのサイズ

最近の一軍
シマノのロックドリフト。
いい仕事してくれるぜ。

ここで、ふと我に帰る。
あっ‼︎青物。
磯マルで遊びすぎ。
沖の方ではいいナブラが起きてるけど射程距離外。

次回に期待してam7時40分山を登りに、、、。

2017/4/30深夜徘徊3 大瀬戸

PM10:22 子供達も寝静まり(嫁も)夜な夜な徘徊の準備。
先日PEからフロロに巻き替えた感触を確かめるために。

1時間程車を走らせいつもの場所へ。

前回も一緒になった方がおり、状況と雑談混じり言葉を交わしスタート。
今日は500gぐらいのイカは沢山見えてるものの全く無反応、ベイトも少なく今まで居なかった小さなフグが大量に場所を占拠中。

鯵を狙うもノーバイト

イカを狙うもノーバイト

潮が下げ始めて半ば程過ぎたAM3時過ぎようやくアジングロッドにコンッとアタリが。

軽く合わせを入れ巻き始めようかした瞬間緩めにしていたドラグがジッジッジッーーーーーー。

あらっ鯵じゃない。

どれぐらいの時間が過ぎただろうか、フロロの2lbに巻き替えたリールのドラグ鳴り止むまで。

上がって来たのは40cmオーバの丸々肥えた乗っ込みのチヌ。

タモなしの為足元に寄せてからもいつ切れるか不安で、時間をかけ弱らせてから岸に寄せ、寄せ波を使って最後はハンドランディング。


きっと運が良かったんでしょう、あげた瞬間に1.2gのジグヘッドが根元から折れるもキャッチ成功。

その後、またイカにチェンジして数投目。

フォール中のラインが一瞬止まりその後ラインが走った事を確認して合わせを入れて本日イカ第1号



胴寸25cm越えのでっかいやつ。
片足一本しか針がかりしておらず、スミ被り覚悟でハンドランディング。

その後はポツポツと鯵も釣れて鯵は15cm〜20cmのサイズを計5匹
AM4時過ぎ東の空が明るくなり始めた頃に帰宅。


プロフィール

Kyousuke

Author:Kyousuke
長崎県在住で主にショアからのルアーフィッシングをメインで釣行してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
かうんたー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR